エル・チャレンジ 大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業協同組合

HOME > 事業内容 > 仕組み
事業内容
問い合わせメール

仕組みと就労支援の流れ

■ エル・チャレンジ式就労訓練の仕組み

エル・チャレンジの主な就労支援は、就労への動機付けを目的とする「短期型訓練」、約1年間の就労訓練の後に一般企業等への就職をめざす就労支援「通年型訓練」、一般企業での雇用、定着を支援する「雇用支援」の3つからなり、「就労支援」に重点を置いて運営しています。

エル・チャレンジ式就労訓練の仕組み

■ 具体的な就労支援の流れ

作業所・施設など
  1. 本人及び支援機関等から就労に向けた希望の聞き取り
  2. 希望などを尊重した上で訓練現場の調整
  3. 事前訓練「技能講習会」への参加
訓練開始
  1. 大阪府下の訓練現場(約50箇所)にて訓練開始
  2. 個別支援計画書や訓練分析シートの作成
  清掃技術の習得
掃き方、拭き方、トイレ清掃など
ソーシャルマナーの習得
挨拶、報連相、金銭感覚、通勤など
一般就労に向けた面談
  1. 本人の希望を聞く個別進路面談
  2. ハローワークとの連携(求職登録)
  3. 障害者職業センターや地域の障害者就業・生活支援センター等との連携
職場開拓
  1. 1. 本人の希望を聞く(個別進路面談)
  2. ハローワークとの連携(求職登録)
  3. 職場見学から企業実習へ
  4. 各種制度・助成金の案内
一般就労
  1. 企業面接 ※本人及び企業の不安を解消するため事前に模擬面接を実施
  2. 労働条件の確認
  3. 各種制度・助成金の活用
当初の支援
  1. ジョブコーチの活用
  2. 作業内容や通勤手段の確認
  3. 職場内における支援者の開拓
定着支援
  1. 定期的な職場訪問
  2. 本人から職場の悩み聞き取り
  3. 企業からの相談
    ※地域の就労及び生活支援機関等とのチーム支援となります。
就労継続困難時の対応
  1. 本人及び関係機関との調整
  2. 企業側の理由を確認
  3. 就労継続に向けた雇用環境・条件の調整

ページの先頭へ


エル・チャレンジ 〒540-0006 大阪市中央区法円坂1-1-35 大阪市教育会館5F
電話:06-6920-3521 FAX:06-6920-3522
info@l-challenge.com